読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただの読書メモ。

【ゲーム】キングダム・アンダー・ファイア:ザ・クルセイダーズ

キングダムアンダーファイア ~ザ・クルセイダーズ~

キングダムアンダーファイア ~ザ・クルセイダーズ~

 

 初代XBOXのソフトで,韓国の会社が手掛けている。RTSとアクション融合させ,おまけにRPG要素も入っているゲーム。声優が豪華で,大塚明夫子安武人朴路美内海健二,堀内賢雄置鮎龍太郎などが主要キャラを演じている。

 

 まず基本は部隊を操るRTSパート,主人公や味方が敵と接触するとアクションモードになり,部隊によって様々なスキルや魔法を使うことが出来る。例えば隕石をふらせたり回復させたり。ミッションが終わるとポイントが入って今度はRPGパート,部隊にポイントを振り分けて強くする。

 

 難易度は難しく,イージーでも中盤から難しくなってくる。ハードなんかは最初クリアできる気がしなかったが,魔法をうまく使い,RTSパートで細かく部隊を動かしていき,ポイントも普通に振り分ければ勝てる。つまりバランスが最高に良いのではないだろうか。コツを掴めばとてもおもしろくなる。このゲームは本当に傑作である。

 

 以下,うろ覚えストーリー

 まず,ジェラルド。中世,オークの軍隊が人間に戦争を仕掛けてきて,大塚氏扮するだいぶ口が悪く短気なジェラルド師団長がオークに罵詈雑言浴びせかけながら我を忘れて切り込んでいく。ここまで口汚い大塚氏も珍しい?かも。そうすると内海氏演じる,オーク軍団を率いる筋骨隆々な王,レグナイアが迫ってくる。ジェラルド達はレグナイアとオークを森に誘い込み,火計の罠を仕掛ける。よっしゃーと喜んでいると炎の中を普通に歩いてくるので狼狽する。レグナイアがものすごい低いトーンでゆっくり喋るので,一緒にいた上官が「先に行けここは俺が食い止める」と言うので逃げるのであった。それから色々あって最終的にレグナイアと再戦するが,強すぎて絶望的な上に仲間を失ってしまうのであった。

 

 次に,朴路美氏演ずるルクレシア。どことなく夏木マリ似のルクレシアはダークエルフの軍団長,つまり敵側のキャラであるが,破廉恥極まりない格好をしていて,腹心のシリスやモレーヌもとんでもない格好である。そんな彼女らはレグナイア軍の援助という形で戦争に参加している。ルクレシアは頻繁にモレーヌを口撃し,モレーヌはそれをうまく躱すが,シリスは人によっては癪に障るであろう喋り方で,それに対しルクレシアは怒るものだから先が思いやられるのである。するといきなりルクレシアの元彼が現れてちょっとデレたりする。いつもは口が達者で気が強い彼女だがたまに見せる弱気は萌える人もいるかもしれない。

 

 人間側に戻って堀内氏演じるケンドール。聖騎士団第2大隊を率いる将軍で,なかなかに渋く,かっこいい男である。将軍なだけあって序盤から大軍対大軍の大合戦が繰り広げられる。中盤になると,人間側の教皇が悪巧みをしていることが判明し,ごちゃごちゃやっていると闇の王が目覚め,人間もオークも次々に殺さていく。ケンドール達はレグナイア率いるオーク軍団と手を組むことを決意し,闇の王の居城,エンカブロサに攻め込み,ついに敵を打ち倒すのである。

 

 最後に,内海氏演じるレグナイア。無敵の男と言われるだけあり,怒涛の強さを発揮してくれて,爽快感がある。けれども其れ以上に敵の数が多くてやはり難易度は高い。腹心はクールで忠義に熱い子安武人置鮎龍太郎。中盤になるとケンドールのストーリーとほぼ同じになってくる。

 

 ラストステージをクリアした後は,ジェラルドは無事に生き残り,余生を普通に過ごして亡くなったらしい。ケンドールとレグナイアは行方不明になった。そこはおそらくサークルオブドゥームで語られているのだろう。

 

 

広告を非表示にする