Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただのメモ。

【洋画】『メイズ 大脱走』 背景と感想

メイズ 大脱走(字幕版)

メイズ 大脱走(字幕版)

 実際に起こった出来事をもとにしている。
 IRA政治犯たちは、欧州一の監獄へと送られた。そこで断食による待遇改善を訴え、10人が餓死。主人公は仲間のためにも、脱獄を決意する。

背景

IRAとは

 アイルランド共和軍の略。アイルランド国防軍や、義勇軍のことでもある。さらに、義勇軍でも暫定派や主流派が存在。様々な組織がIRAを名乗っている。

 アイルランド統一のため、北アイルランドでイギリスに対してテロ行為を行った。
 ちなみに、北アイルランドでもイギリス派のことをロイヤリストという。

 この映画では、テロ組織に認定された方のIRAだ。その幹部が主人公。

感想

 看守と囚人たちの人間模様が面白い。看守が次第に囚人を信用していくなか、囚人は脱獄を着々と準備していく。しかし、そんな囚人にも、問題が発生する。それは、息子の存在である。息子には、自分と同じように組織につくのではなく、まともな人生を送ってほしいと願っている。

 脱獄はむしろ淡々と行われ、そこにいる人々の葛藤や悩みがメインという感じ。

 主人公の、「俺たちはいずれ過去になる」というセリフが、この映画を端的にあらわしているのではないか。

 この映画を見終わったとき、彼らのやったことは果たして意味があったのか、と考えてしまう。

【洋画】エネミー・ライン

 時代背景はボスニア紛争。とある米軍パイロットは訓練ばかりの日々にうんざりして、退職を決めていたが、直後の偵察任務で、謎の武装勢力を発見、写真を撮ることに成功するが、撃墜されてしまう。

 同乗していた仲間は処刑され、パイロットは無線で助けを求めるが、走って逃げろと言われてしまう。

 迫る追手。様々な思惑によりワチャワチャする米軍。
 
 2000年初頭の映画の雰囲気を感じつつ、主人公補正により、爆風もどこ吹く風、弾丸も何する物ぞ、という具合だ。

 地雷を踏んで見捨てられる奴がちょっと可愛そうであった。

【洋画】インベイダー

インベイダー [DVD]

 宇宙人が侵略してくれば、テクノロジーの差があるのだから、人間などどう足掻いても、それこそ天地がひっくり返っても勝てないのでは、と思ってしまいイマイチ盛り上がれない。

 しかし、最後には人間が勝たなければ終われない。この映画もそうである。

 特徴としては、退役軍人たちが主役、おもちゃみたいな銃、やたらと頭が吹っ飛ぶ、エイリアンの血を飲むとエイリアンになる、だろうか。
   
 どうでも良い点だが、

 ・UFOが間近に居るのに、だれもスマホで撮らない。いや、人はガチで驚くとスマホも取り出せないのかもしれない。

 ・「エイリアン襲来に小踊りする一部の群衆の図」が地味に好き。

【洋画】哲学的SFアクション『Looper』

 もしタイムスリップできるなら、過去の自分に勉強の大切さをクドクドと言いに行くだろう。

 しかし、パラドックスにより未来の自分は消えてしまうかも知れない。作品によっては、会うだけで大変なことになるというようなものもある。

続きを読む

【洋画】アーサーとミニモイシリーズ

 アーサー少年のおじいちゃんは行方不明、両親はやや育児放棄なので、お祖母ちゃんだけがアーサーの頼りである。

 そんな中、土地代の未払いで立ち退きの危機に瀕するので、アーサーはおじいちゃんが隠したルビーを見つけなければならない。

続きを読む