読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただの読書メモ。

『だから日本はズレている』古市憲寿

読書

だから日本はズレている (新潮新書 566)

だから日本はズレている (新潮新書 566)

 とにかく世の中のズレ、とりわけ「おじさん」と「若者」のズレについて古市憲寿さんは毒を交えつつ語る。
 内容はテーマごとに独立しており、どこからでも読める。
 以下、僕が面白いと思った点。

リーダー論

 とかく日本では、「強いリーダー」が求められがちである。たとえば、スティーブ・ジョブスなんかはその代表格だが、彼は別に大したことはしていない、と語る。
 政治においては、強いリーダー、つまり独裁者はろくなことをしないのは歴史が証明しているということ。
 結局、リーダーは別に弱くてもいいし、誰もがリーダーになれる。動き出すのは君だ。

クールジャパンってなんだよ

 クールジャパンクールジャパンって言うけど、誰もその意味を共有していない。皆の考える「クールジャパン」が統一されていない、つまりズレがあるのだ。
 そして金美齢を若干disる古市氏。

心のノートと憲法改正草案は劣化版J-POP

 心のノートとは道徳副教材だが、古市氏はそれをJ-POPであるとする。
 さらに、憲法改正草案について、戦争への布石なんて声があるがそうではなく、ただなんとなく作られたポエムであるという。

深夜のNHKに出てる金髪のジャーナリスト

 思わず吹いた。

止まらない家電メーカーのご乱心

 コミュニケーションがとれる掃除機、イオンが発生するパソコン。どうなってんだ?

スキルアップ教の祖、勝間和代

 勝間和代のブームについて。ここで若干勝間和代をdisる古市氏。

最後に

最後に、古市氏の未来予想図。

感想

 いろんな人をやんわりdisりつつ、様々な「ズレ」を語る古市氏。その切り口は新鮮で面白く、ある意味、古市氏が一番ズレているのではないか。
 クールで、ある種ニヒルなイメージがあった古市憲寿氏。時々、若者へのエールとも取れる記述がある。本当は熱い人なのか、それとも、申し訳程度にそんな文言を付け足しただけなのだろうか。

広告を非表示にする