Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただの読書メモ。

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [DVD]

ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して [DVD]


 アメリカで開催される、一年間で見た野鳥の種類の数を競う大会で、過去にオーウェン・ウィルソンはぶっちぎりで優勝していたのだが、その記録が敗れることを恐れ、妊娠中の妻を放ったらかしにして大会出場を決意する。
 おそらく原発関係で働いているジャック・ブラック原発を横において、父の反対、母の支援もありつつ大会出場する。
 スティーブ・マーティンは大企業のやり手の社長。長く仕事に己を捧げてきた彼は、ついに会社を飛び出して大会出場してしまうので色々な契約がご破産になるのである。
 そして、ジャックは旅の途中、スティーブに出会い、友情を育んだり、バードウォッチングかと思ったらガールウォッチングしていたりする。そんな中で、ジャックとスティーブは本当に大事なことを見つけていくのである。
 一方、オーウェンはこの大会に命をかけていた。見た野鳥の数の証明は必要なく、自己申告制という、それで大会が成り立つのかという疑問の中、誠実に鳥を追いかけているのだが、妻の彼に対する温度は冷えていくのであった。
 
 大会の最中、「俺は大会に出場していない」と言いあったり、言葉攻めで船酔いを悪化させようとしたりする駆け引きが面白いところか。
 鳥の知識がちょっと増えて、少し笑えて少し良い話が最後にあるほのぼのした映画。
 
映画『ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して』予告編 - YouTube

広告を非表示にする