Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただの読書メモ。

【PS3】忌火起草

忌火起草

忌火起草

 いわゆるリア充的大学生弘樹は,ストーカーするほど好きな女の子の愛美がいる野草研究サークルに入り,親密になるが,さらに進展したいなどと考えているようで,弘樹が陰謀を巡らせている間,ゴスロリファッションで愛嬌のある香織が弘樹に告白したらしいが,断ったという,それでも諦めない香織は弘樹に付いて回り,右に香織,左に愛美と挟まれて満足気な弘樹だが,挙動不審な友人の正人がお茶を弘樹に渡し,弘樹がそれを飲むとその場に吐いてしまい,それから弘樹の挙動もおかしくなっていく。

 ゲームは実写の画像・動画と時折CGを交え進み,すべてのセリフにヴォイスが入っている。登場人物はだいたい口元が写されているが,愛美はなぜかいつも胸に焦点が合っている。この忌火起草のテーマはドラッグで,薬によって引き起こされる幻覚の恐怖に重点を置いているが,なぜか幻覚のはずなのに丸焦げになったりする。

 後にWiiですべてが明らかになった解明編が発売されている。つまりPS3版ではいつまでたっても真相に辿りつけないということである。けれどもまあルートは豊富だし楽しめる。桃色ルートはなかなか面白かった。

広告を非表示にする