Brilliant Grunt

各種作品の感想、批評。或いは、ただのメモ。

【ゲーム】Halo 3 : ODST

Halo3: ODST Xbox 360 プラチナコレクション

Halo3: ODST Xbox 360 プラチナコレクション

 

 2と3の間を描いた外伝。ODST部隊はコヴナントに猛烈な攻撃を受けている街に降下するが,途中でものすごい突風がきて部隊はバラバラになる。プレイヤーはチーフ以上に無口で名前を絶対に呼ばれることのない主人公,「新人」を操ったり他の隊員を操ったりして,コヴナントがあふれる街を徘徊する。その道中でゴリラとおっさんの痴話喧嘩を聞かせられたりする。

 

 ODSTは劣化スパルタンの様なもので,海兵よりは強いが,やはり少しシビアで,ヘルスシステムは1に近くなっている。打たれ弱かったり,ハンターを倒すのに一苦労だったりで,やはりスパルタンとは違うなあと思っていると,いきなりレイスに殴りかかってぶっ壊してしまうのだから油断できない。

 

 2でのODSTといえば,デルタヘイローが真っ先に思い浮かぶ。宇宙から降りていくのだが,いきなり殺されてしまったり,武器が強いだけでわりと早めに死んでしまうので「ODST?ぷーん」ぐらいのイメージではなかったろうか。それが今作では払拭された。今作の隊員は全員手練であるし,特に「新人」なんかはスパルタンに匹敵する強さではないだろうか。個人的に彼らはこの後どうなったのか,気になるところではある。

 

 当時ODSTを買った理由は,ヘイロー:リーチのオンラインβ版が出来るというのが大きかった。けれども蓋を開けてみると,新鮮なヘイローで良かったと思う。特に主人公パートである,夜のステージは曲が良いし,雰囲気も良い。2のストーリーを補完しているのも良い点かもしれない。ただひとつ不満をあげるとするならば,ゴリラのキスシーンがあることぐらいである。

広告を非表示にする